選択的圧縮センシング

選択的圧縮センシングとは、所望の周波数に特化した圧縮センシングである。
また、圧縮計算が非常に単純であるため、省電力・短時間を満たす圧縮手法である。
観測行列にWalsh-Hadamard行列を用いることで所望の周波数に特化しつつも短時間で圧縮可能な手法を実現した。

関連する主な論文
  1. Fuminori Okuya, Yoshihiro Kawahara, Tohru Asami, "Selective Compressed Sensing: Another Compressed Sensing Approach for Frequency-Domain Analysis, " Proceeding of IEEE International Conference on Communications, pp.1−6, Kuala Lumpur, Malaysia, May 2016. DOI: http://dx.doi.org/10.1109/ICC.2016.7510938
Comments