最小全域木を用いたデータマイニング

変数間に存在する関係を、散布図の最小全域木の辺長の総和を用いて計算する手法である。
大雑把に言えば、「短い辺で連結可能なデータは関係が強い」という性質を用いた手法である。
Comments